「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:私たちの取り組み( 6 )

 

「おのくん」が沢山生まれています。

a0248730_23124761.jpg

ひょんなことから生まれた「おのくん」。
全国で応援していただく皆様と私たちや、この奥松島の架け橋として活躍してもらってます。
そう、ロゴもできて沢山生まれてきていますよ。
ぜひ、おのくんと遊びに、東松島、奥松島、小野駅前仮設に遊びにきてくださいね。

★★ ご紹介いただいている皆さんのBLOG!! ★★
東北復興カレンダー
ノンフィクション漫画家井上のいろいろな日々;ハイ、井上きみどりです。
和気あいあいと「さざほざ」と
nail&foot salon「collecsy」
[PR]

by onoekimae-go | 2012-06-15 23:15 | 私たちの取り組み  

今日の集会場

折鶴と内職中!!!
a0248730_16142648.jpg

[PR]

by onoekimae-go | 2012-01-26 16:14 | 私たちの取り組み  

今日はなんだか大忙し

今日は、たくさんのお客さんに来ていただきました。

朝は「RQ被災地女性支援センター」の足立千佳子さんに来ていただきました。様々な実践で培って来たお知恵をいただき、ここの立ち上がりにも手助けいただきます。13日は、先ずばあちゃんたちを対象に、食事会をやることに。足立さんは、お父様のふるさとがこの小野の地ということで、深いご縁を感じます。

次に、東北学院大学の木村彩香(さやか)さんと東北大学の小長井遥さんにお越しいただきました。
お二人は東松島市の農家の再建を支援する「みまもり隊」の中心メンバー。
なんと、木村さんは詩吟をやっています。今回もご披露。そして、13日にばあちゃんたちが食事するときに来ていただくことになりました!

そのあと、お二人が支援してイチゴ生産を開始した矢本の農家さんへ、
a0248730_1750530.jpg右は、その時の写真。本当においしそうでした。

そしてそして、そのままお二人を連れて宮戸島月浜でのり生産を開始するため昨年夏に生産グループ「奥松島月浜海苔生産グループ月光」を立ち上げた山内良裕さんを訪問。
ここに生活する人、漁業する人が立ち上がっていくこと。これから奥松島をまた人が来てもらう場所として復興させていくんだという意志を、私たちが発信していかないといけない。
仮設の中だけでなくみなさんと一緒に。

何がなんだか、ばたばたでしたけど、前を向いて進んでいきます。
[PR]

by onoekimae-go | 2012-01-07 17:44 | 私たちの取り組み  

仙台市太白区「あすと長町」仮設住宅の方と交流

昨年末の話になりますが、仮設の人たち同士で分かち合える知恵、励まし合えることもあるだろうということで、仙台市太白区役所の藪内さんの紹介で、長町駅すぐ近くの「あすと長町」仮設住宅に伺いました。
対応していただいたのは、その運営委員会の鈴木会長と飯塚副会長のお二方。
仙台のみならず、各所から被災した方がここに寄せ集まり、しかも一人暮らしが多いという「コミュニティ」が形成されづらい環境の中に、長町のみなさんはいます。
そこで、なんとかしようと、鈴木会長を中心に様々な取り組みがなされています。
お二人の息のあったコンビで、仮設に住む人たちが、自発的に取り組む姿勢。
情報発信の方法など、私たちも学ぶことが多い訪問となりました。
これからも、ぜひよろしくお願い致します!

あすと長町仮設住宅のホームページ
http://asutonagamachi.web.fc2.com/index.html
副会長飯塚さんのブログにご紹介いただきました。
http://corgi88-beach.blogspot.com/2011/12/blog-post_30.html
[PR]

by onoekimae-go | 2012-01-04 14:28 | 私たちの取り組み  

ガイドが必要な方は忠男さんへ!

小野駅前郷では、記者の方や支援に来ていただいた一部の方に対し、奥松島(東名、宮戸、野蒜、浜市)を案内させていただいております。
案内役は「チーフガイド」の尾形忠男さん。
ヘビースモーカー。鳴瀬弁。とても気さくでいい人。
これから、一般の方にも伝えていけるよう、コースを調整しているところです。
2月中には、案内ガイドが開始できるよう、忠男さんも気を引き締めています。
場所は東名の潮干狩り場のところ。
a0248730_18131471.jpg

[PR]

by onoekimae-go | 2012-01-03 12:07 | 私たちの取り組み  

2012年元旦:いよいよ「小野駅前郷」始動

a0248730_16273638.jpg

2012年元旦より、宮城県東松島市小野駅前仮設住宅では、「小野駅前郷」プロジェクトを始動させます。これは、私たち仮設住宅の住民が中心となり、①この仮設住宅の人たちが生き生きと生活していくことができるように、②この仮設住宅のこと、私たちが住んでいた奥松島一帯の今を皆様に知っていただくこと、③さらに来ていただいた人たちと手を携えながら、仮設に住む人の生活基盤を立て直すことを目的とし、立ち上げたものです。
これから、未だどれだけ続くか分からない仮設住宅での生活。
その中で、できることを、前を向いて、取り組んでいきたいと思いますので、どうか、皆様応援をよろしくお願いします!
[PR]

by onoekimae-go | 2012-01-01 16:27 | 私たちの取り組み